東京で味わえる大自然、御岳渓谷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。どっきーです。

春を迎え緑豊かになってきた今日この頃、紅葉などでなくても渓谷は映えます。
今回は、東京の青梅市にある渓谷を紹介します。みなさまの旅行の参考になればと思っています。
SAMYANG AF 35mm F2.8 FE」のレビューも兼ねています。(現在は売却済ですが・・・)

経緯

去年の3月にα7IIIを購入して初めて少し遠出した際のお話ですが、いつの間にか1年も経っていたので振り返りも兼ねて景勝地の紹介、ついでにレンズレビューをということになりました。

渓谷の周辺には様々なレジャースポットがあるのですが、この時は遊歩道を散策しただけなので遊歩道のみのレビューになります。

御岳渓谷へのアクセス

住所 東京都青梅市御岳
交通アクセス 電車:JR青梅線 御嶽駅出口から信号を渡ってすぐ 車:首都圏中央連絡自動車道 青梅ICから約30分
駐車場 駅近くに有料駐車場あり。
公式サイト https://www.omekanko.gr.jp/spot/80401/

機材等

種類 名称
カメラボディ SONY α7III ILCE-7M3
レンズ SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
現像 Adobe Lightroom Classic

駅からのルート

味噌ラーメン

JR青梅線御嶽駅の出口から出て階段を降りると青梅街道にかかる信号がありますが、その信号を渡ってすぐの所に「東峯園」という食堂があります。
この時はこちらでお腹を満たした後に散策をはじめました。

味噌ラーメンをいただきましたが、昔ながらの味で地元でよく食べていた今は亡き食堂のラーメンを思い出して懐かしくなりました。


東峯園さんの建物のすぐ右手に「御岳渓谷入り口」と書いてある小さな看板があるので、その階段を降りて行くとすぐ遊歩道に入れます。

階段などを降りていくとすぐにこのような景色が現れます。

御岳渓谷

F4 ISO100 SS1/500

荒々しい岩肌に曲がりくねった河川、左右から垂れ下がる木々とまさに渓谷という感じですね。
この時点で、1時間以上かけて来た価値があったなと感じました。(個人差があります。)

以下いくつか写真を掲載します。

雄大な自然を楽しもう

御岳渓谷

F4 ISO100 SS1/125(色彩調整強め)

御岳渓谷

F4 ISO100 SS1/250(ほぼ撮って出し)

杣の小橋

杣(そま)の小橋というらしい。そマ? F4 ISO100 SS1/125

御岳渓谷

F4 ISO500 SS1/40

クサノオウ(おそらく)

花もいたるところに咲いています。(これはおそらくクサノオウ?) F5 ISO320 SS1/40

周辺について

この日は、美術館の手前まで歩いて別ルートで戻りお土産を買って帰りました。

最初遊歩道に入った看板のすぐ横に大きな橋があり、そのさらに右側にお土産を売っている小さな売店があります。
喫茶店も併設しているらしく、渓谷を眺めながらのんびりお茶を飲めるようです。

御岳渓谷

夕暮れ時もまた映える渓谷。 F4 ISO100 SS1/320



また、御岳渓谷を流れているのは多摩川になりますが、多摩川上流は非常に水が綺麗です。
それもそのはず、この周辺の「御岳渓流」は名水百選に選定されています。

ちなみに、名水百選でいうところの「名水」は保全状態が良い事を指すものであって、そのまま飲んでも安全という事ではないらしいです。

多摩川

F2.8 ISO100 SS1/250



カヤックや釣りなどただ散策するだけでなく周辺で様々な体験ができるので、網羅しようとすると1日では足りないかもしれません。
また、近くには御岳山という山があり、ケーブルカーもあり気軽に登山が楽しめます。
(とはいえ、登山に挑戦する際はよく調べた上万全を期してください。)

SAMYANG AF 35mm F2.8 FEについて

α7IIIを購入してはじめてのレンズでしたが、小ぶりな割に綺麗に撮れて良いレンズだと思いました。
後から購入した純正のSEL24105Gに比べるとAF性能などはさすがに落ちますが、同焦点距離での描写はこちらのほうが好きかもしれないです。
そこは単焦点の強みということでしょうか。
コンデジ感覚で気軽に取り出して撮影が出来るので、スナップ写真用として活躍しそうでした。

このレンズを生贄に14mmの超広角レンズを購入してしまったのでもう手元にはありませんが、ボディを買ったけどレンズにそんなにお金もかけられないし・・・という方には初レンズとして良いと思います。

あとがき

東京に住んでいた頃は電車で片道1時間ちょっとで着いたので、こんな近くにこのような景勝地があることに驚きました。
私はただ散策しただけでしたが、また行きたいと思えるスポットでした。
次の機会に、登山にも挑戦してみたいですね。

関東圏にお住まいの方は週末の小旅行の行先としても申し分ないと思います。
興味が湧いたらぜひ行ってみてください。

それでは、またのーう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

メニュー